ダイエットにも効果的?!日本で世界の30%を消費している鮭(サケ)の栄養分、保存方法、食べ方

2014/10/16

日本人はサケ好き

世界の漁獲量の3分の1を消費しているサケ。川を上る産卵準備期間はえさを食べないので、直前の夏に沿岸で捕れた物が最も脂が乗っておいしいとされています。

ダイエットや若返り、体を温める効果があるサケ

最近はサーモン・ダイエットといって、牛や豚などの肉の代わりにサケを食べるダイエット法があります。

サケは漢方でいう北方産の食物なので、体を温めながら引きしめてくれる効果があります。

100g中にタンパク質21.7g、脂肪6.6gが含まれていて、タンパク質の吸収をよくするビタミンB2・B6も豊富。消化吸収のよい良質のタンパク質なので、子どもや老人、病後の滋養食にも適しています。骨を作るビタミンDも多く含まれています。

選び方&保存方法

皮が銀色で、腹に厚みのあるものが新鮮です。切り身で買う場合は、色が鮮やかなものを選びましょう。

キングサーモンは鮮やかなオレンジ色、紅鮭は濃い紅色を。

脂がたっぷり乗って濃厚な味のするハラスも人気です。

一口メモ

≪若返り?≫卵巣に入ったままのスジコ、卵巣膜をとってバラバラにしたものがイクラ。若返りのビタミンといわれるEが豊富に含まれています。

≪甘塩?辛塩?≫甘塩は塩分濃度3%の塩水で処理した物をいい、中辛は約7%、辛塩は約11%の濃度になります。

「フジタ薬局の無料相談」をご存知ですか?

「フジタ薬局の無料相談」は、フジタ薬局が運営する、兵庫県の加古郡を中心とした地域密着の漢方相談サービスです。姫路、神戸、大阪、岡山をはじめ、関西からお客様が集まっています。