免疫力低下に要注意!

2014/02/20

免疫力低下で様々な不調が...

免疫とは、自分の身体に存在する細胞と、外から入ってくるウイルスや細菌などを区別し、ガン細胞を攻撃・排除する機能です。病気の予防・自然治癒には欠かすことができません。

免疫力は18歳~22歳がピークで、加齢とともに低下していきます。

免疫力低下は疲労感・炎症・化膿・風邪・肺炎・アレルギー・肌荒れ等の症状として現れ、重大な病気につながっていきます。

「疲れやすくなった」、「風邪をひきやすくなった」というかたは、免疫力アップを図りましょう。

腸は免疫力の7割を司っています。

腸の汚れが病気と老化につながります。腸をいつも元気にしておく事が大切です。

善玉菌優勢の腸内環境を維持することで、基礎腸力アップが実現します。

腸内環境が整うと、免疫力がアップはもちろん、毎朝スッキリ快便・お肌スベスベ・風邪引かない・疲れない等、健康になります。

ハタ乳酸菌.png

300億匹の乳酸菌が生きたまま腸まで届く、「ハタ乳酸菌」

プロポリス.jpg

アルテピリンCの含有量が多く、天然の抗生剤「生環研のプロポリスゴールド」

「フジタ薬局の無料相談」をご存知ですか?

「フジタ薬局の無料相談」は、フジタ薬局が運営する、兵庫県の加古郡を中心とした地域密着の漢方相談サービスです。姫路、神戸、大阪、岡山をはじめ、関西からお客様が集まっています。