赤ちゃん待ち~解毒の負担を軽くする食生活~

2014/11/12

牛肉を避ける

牛肉は肉質を柔らかくするために餌の中に女性ホルモンが混ぜられています。

身体の解毒の負担を軽くするため、牛肉を避けましょう。

また、豚の餌には男性ホルモンが混ぜられています。

マグロには重金属が多く含まれてる

米国では妊婦にマグロの摂取を控えるように指導しています。

染色体異常を調べると、食べ物が汚染されている影響か、受精卵で重金属や鉛が多いことがあります。

年齢が上がると解毒力は下がりるため、食材に気をつけないと卵子が作れなくなってきます。

プチ断食

生理から排卵までは食事を控えめにし、特に排卵前の4日間は朝食のみのプチ断食をしてください。

身体は危機感がないと働きません。お腹が空いたらミトコンドリアの働きが活性化し、身体が元気になります。

元気な卵子とやわらかな子宮があってはじめて出産が可能になります。食生活の見直しと身体を冷やさないように気を付けましょう。

「フジタ薬局の無料相談」をご存知ですか?

「フジタ薬局の無料相談」は、フジタ薬局が運営する、兵庫県の加古郡を中心とした地域密着の漢方相談サービスです。姫路、神戸、大阪、岡山をはじめ、関西からお客様が集まっています。