赤ちゃん待ち~心へのアプローチ~

2014/11/27

やっぱり子どもがほしい

と思っても、すぐに考え方を切り替えれるものではありません。

避妊期間が長いと「子どもはまだ」と、脳の中に暗示がかかっているため、これをリセットする必要があります。

また、心の奥で子どもへの恐怖感や子どもとどう付き合っていいかわからなかったりすると、いざ出産して、赤ちゃんが泣くとパニックになったりします。

子供番組を観たり絵本をみて、心のかせを解いていきましょう。

ストレスをためない

病院に通ったり、排卵日を気にするだけで大変なストレスがかかります。

自分に合うストレス発散法を見つけて、自分のやりたいことをやりましょう。

年齢と共に排卵が早くなったり、遅くなったりします。自然妊娠を望まれる方は、排卵日だけを狙うのではなく、性交を増やしてください。

やりたいことをやって元気に笑うあなたを見て、空にいる赤ちゃんは「あのお母さんのところに行きたいなぁ」と思います。毎日を楽しんでください。

「フジタ薬局の無料相談」をご存知ですか?

「フジタ薬局の無料相談」は、フジタ薬局が運営する、兵庫県の加古郡を中心とした地域密着の漢方相談サービスです。姫路、神戸、大阪、岡山をはじめ、関西からお客様が集まっています。