万能のツボ 百会

2015/05/14

【未病】未だ病にならざる

未病とは、中国語で東洋医学の文言で、書き下ろすと「未ダ病ニナラザル」となります。病気ではないが、病気を予期した意味が内在しております。

病気ではないが、健康でもない。自覚症状はないが、検査結果に異常がある。逆に自覚症状はあるが、検査結果に異常がない

未病には、頭痛・耳鳴・めまいや精神的ストレスによる不眠なども含まれます。このような「未だ病にならざる」状態に有効なツボが【百会(ひゃくえ)】です。

万能のツボ 百会

「百会」は頭の頂上に位置するツボです。左右の耳の穴と花の中心から頭のてっぺんに向けた線上で交わる所にあります。ツムジと勘違いし易いですが、ツムジとは関係ありません。

百会は気が集まる点であり、全身のさまざまな病に対して有効な万能のツボです。

百会は自律神経の働きを整えます。自律神経は全身の内臓や筋肉、血管の機能をコントロールしている神経であるため、自律神経の働きを整えることによって健康に向けて全身のあらゆる部位に恩恵を与えます。

また、抜け毛(薄毛)などの症状を改善するツボとして特に知られています。

「フジタ薬局の無料相談」をご存知ですか?

「フジタ薬局の無料相談」は、フジタ薬局が運営する、兵庫県の加古郡を中心とした地域密着の漢方相談サービスです。姫路、神戸、大阪、岡山をはじめ、関西からお客様が集まっています。