こんな症状でお困りではありませんか?痛み、疾患などの対処法を掲載しています。

目の疲れ

目の疲れの症状

目の中で、レンズの役割をする水晶体は、ピントを合わせるため毛様体筋という筋肉で厚さが調整されていますが、近くを長く見続けると、この毛様体筋の緊張が状態が続き、目が疲れてしまうのです。

疲れ目は視力の低下や目がゴロゴロする、充血する、かすむといった症状のほか、肩こりや頭痛、腰痛、胃のむかつき、倦怠感など、全身の不調を引き起こす要因にもなります。

目の疲れへのおすすめの薬

ひとみのルテイン

ポリグロン

目の疲れの対処法

・目を休める

目の使い過ぎなので、一番望ましいことは目を休めることです。夜更かしをせずに、十分な睡眠をとりましょう。

日中、仕事でパソコンなどを使う場合は、目から30cm以上離すようにしましょう。目の筋肉に負担がかかりにくくなります。姿勢も大切です。目線が下を向くように、背筋が伸びるように調整しましょう。机の上の明るさも気をつけましょう。手元照明などを利用して明るさを保つようにしましょう。

tubo.gif

・ツボマサージ

仕事中に目が疲れたときに、ツボを刺激するだけで症状を緩和できます。1ヶ所を5~6回にくらい押してください。

tubo2.gif

「フジタ薬局の無料相談」をご存知ですか?

「フジタ薬局の無料相談」は、フジタ薬局が運営する、兵庫県の加古郡を中心とした地域密着の漢方相談サービスです。姫路、神戸、大阪、岡山をはじめ、関西からお客様が集まっています。